WordPressでブログを始める(6/25(火)までお得なセール実施中)

noteでアフィリエイトは禁止?収益化する方法やおすすめサービスも紹介!

まなと

noteでアフィリエイトってできるの?
禁止って聞いたけど実際はどうなの?

今回はこんな疑問に答えていきます。

結論から言うと、noteでアフィリエイトは可能です。

しかし、利用できるサービスは「Amazonアソシエイト」のみです。

そのため、物販で収益を狙いたい方以外はおすすめできません。

本記事では、noteアフィリエイトがおすすめできない理由と収益化できるアフィリエイトの方法を詳しく紹介します。

noteでアフィリエイトを考えている方は、疑問が解決できますよ!

目次

noteでアフィリエイトは禁止されている?

ではnoteで利用できるアフィリエイトと稼ぐ方法を紹介していきます。

Amazonアソシエイトのみ利用できる

結論から言うと、noteでアフィリエイトできるのは「Amazonアソシエイト」のみとなります。

noteのクリエイター規約には下記の記載があります。

当社は、当社が定めた表示方式によるアフィリエイトリンクを表示するために、外部サービスのアフィリエイトIDが必要な場合において、クリエイターがアフィリエイトIDを設定していないときは、アフィリエイトリンクを表示するデジタルコンテンツに当社が保有するアフィリエイトIDを設定することができます。

引用:ご利用規約|noteクリエイター規約

上記の内容はAmazonアソシエイトを指しており、間接的にamazonアソシエイトを許可していると言えます。

またnoteでは、amazonアソシエイトで整えたアフィリエイトリンクを貼れますが、楽天やASPではエラーが出てしまいます。

これらのことからnoteでアフィリエイトする際は、Amazonアソシエイトメインで収益化を目指すことになります。

物販以外でアフィリエイトをしたい方は、noteをおすすめできません。

noteで稼ぐ方法は6つある

アフィリエイトはAmazonアソシエイトのみですが、収益化方法は大きく分けて6つあります。

  • 有料note
  • 有料マガジン
  • サークル
  • クリエイターサポート
  • ストア機能
  • Amazonアフィリエイト

noteは独自の収益化機能があり、大きく稼いでいる人も多いです。

特に記事コンテンツを有料販売して稼ぐ人が多いイメージですね。

noteでアフィリエイトがおすすめできない理由

続いて、noteでアフィリエイトをおすすめできない理由を紹介していきます。

  • Amazonアソシエイトの審査が厳しい
  • SEOでの上位表示が難しい
  • 収益が上がりにくい
  • アクセス解析ツールが有料

では一つずつ見ていきましょう。

Amazonアソシエイトの審査が厳しい

先ほど、noteでアフィリエイトできるのはAmazonアソシエイトのみと話しました。

しかしAmazonアソシエイトは審査があり、その審査もなかなか厳しいです。

審査の合格条件

申請から180日以内に3件以上の商品またはサービスの販売

フォロワーが多ければ割といけますが、初心者には厳しい審査となります。

しかも、これを突破しない限りアフィリエイトすらできないのは酷ですよね。

SEOでの上位表示が難しい

アフィリエイトで収益を伸ばすには、検索結果の上位を取る必要があります。

しかし、Google検索の仕組み的に上位表示できるのは、1ドメインにつき1〜2記事程度となっています。

そのため、まずはnote内で上位争いをしなければいけません。

これはSEOでの上位表示がかなり難しくなるので、集客もしづらくなります。

収益が上がりにくい

noteは他サービスのアフィリエイトと比べて収益が上がりにくいです。

なぜなら唯一利用できるAmazonアソシエイトでの1商品の上限が1,000円に設定されているからです。

※アソシエイト・プログラム紹介料率表はこちら

例えば、noteで月10万を狙う場合は下記のようになります。

1,000円✖️100商品=100,000円

一方で他のサービスで10万を狙う場合は下記の通り。

  • 商品A 5,000円✖️20商品=100,000円
  • 商品B 10,000円✖️10商品=100,000

他のサービスでは、高単価の商材を扱えるので、noteよりも収益を伸ばしやすくなります。

そのため収益を伸ばすならWordPressなどの他のサービスがおすすめです。

アクセス解析ツールが有料

Googleの上位表示をするには、アクセス解析が重要です。

しかし、noteでは下記のようなアクセス解析ツールが有料オプションとなります。

  • note pro:年55万円(税抜)
  • Googleアナリティクス:年12万円(税抜)

このようにnoteではアクセス解析に多額の支払いが必要です。

アクセス解析は大切ですが、多くの収益が見込めないnoteに投資するのはあまりお勧めできません。

アフィリエイトをするならWordPressがおすすめ

アフィリエイトをするならWordPressがおすすめです。

WordPressとは、ブログやWebサイトを簡単に作れるサービスのこと。

世界中のWebサイトのうち、4割以上がWordPressで構築されているほど人気のWebサービスです。

【2024年最新】WordPressのシェアは何%?CMSシェア一覧/過去の推移

ではWordPressブログのメリットをみていきましょう。

WordPressブログのメリット

WordPressをおすすめする理由は下記の通りです。

  • 十分なSEO対策ができる
  • 高単価な案件のアフィリエイトができる
  • 運営会社に依存しない
  • セキュリティ面で安心
  • アクセス解析も無料でできる
  • ブログのカスタマイズも自由にできる

アフィリエイトに制限がないだけでなく、あらゆる面で安心して運営することができます。

また、運営会社に依存しないので、突然のサービス終了という事態もありません。

WordPressでアフィリエイトを始める方法

ではWordPressでアフィリエイトを始める方法を紹介していきます。

  1. WordPressを開設する
  2. ASPに登録、商品を探す
  3. 記事を書いていく
  4. アフィリエイト広告を貼る

では一つずつご紹介していきます。

WordPressを開設する

アフィリエイトで収益化を目指したい方は、WordPressでブログを始めましょう。

WordPressの開設手順は、下記で詳しく紹介しています。

<<ブログの始め方完全ガイド

ASPに登録、商品を探す

次にASPに登録して、紹介する商品を探しましょう。

商品を探す際におすすめのASPは、もしもアフィリエイトです。

もしもアフィリエイトの特徴は下記のとおりです。

  • 審査なしで、誰でも登録できる
  • Amazonや楽天の商品を紹介できる
  • 初心者の方でも簡単に利用できる

単価が高いものだけでなく、日用品も紹介したい人におすすめのASPです。

また商品を幅広く探したい方は、A8.netがおすすめです。

A8.netの特徴

  • 審査なしで登録しやすい
  • 業界最大級の広告主とサイト数
  • 利用者満足度は13年連続NO.1

以上の2サイトは審査なしで誰でも登録できるので、必ず登録しておきましょう。

その他おすすめASPは下記記事で紹介しています。

記事を書いていく

紹介する商品を決めたら、記事を書いていきましょう。

最初はどうやって書けばいいか迷うと思います。

そこで簡単に記事を書けるテンプレートをまとめました。

ぜひ参考にしながら記事を書いてみてください。

アフィリエイト広告を貼る

記事を書いたら、実際に広告を貼っていきましょう。

実際の広告の例はこちら↓↓

貼ったアフィリエイト広告から商品が購入されたら、収益が発生します。

ぜひアフィリエイトを始めて、広告を貼っていきましょう。

WordPressとnoteの掛け合わせで収益化をする

noteは単体だと効果は薄いですが、WordPressとの掛け合わせで相乗効果を生みます。

WordPressでアクセスを集め、有料noteで価値ある内容をまとめることで、収益を伸ばすことができます。

無料で配布するのは勿体無いという情報は、ぜひ有料noteを使っていきましょう。

まなと

そのためには、まずWordPressで集客をすることが大切ですね!

まとめ:noteでもアフィリエイトはできるけど難しい!

本記事では、noteでアフィリエイトをする方法を紹介してきました。

noteの主な収益化方法は下記の6つです。

  • 有料note
  • 有料マガジン
  • サークル
  • クリエイターサポート
  • ストア機能
  • Amazonアフィリエイト

noteはAmazonアソシエイトしかアフィリエイトができないので、収益を伸ばすのに期待できません。

そのためアフィリエイトをするならWordPressを使っていきましょう。

また、noteはWordPressと掛け合わせることで、効果を発揮します。

ぜひnoteだけの強みを活かしていきましょう。

WordPressブログの開設がまだの方は、最短10分で始める方法を解説していますよ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次