WordPressでブログを始める(5/24(火)までお得なセール実施中)

Webライターに必要なものは?最低限準備すべきツールを6つ紹介!

Webライターに興味があるけど、必要なものは何?
何から準備すればいいの?

本記事では、こんな疑問を解決します。

本記事の内容

Webライターは、働く場所・時間を自由に選べる仕事です。

未経験でもできるため、主婦をはじめ幅広い層から人気を集めています。

しかし始めたいと思っても、何が必要でどれから準備していいか分からない方もいるでしょう。

そこで本記事では、Webライターに必要なものとあったら便利なものを紹介してきます。

まずは最低限必要なものを揃えて、場合に応じて必要だと感じたものを揃えていきましょう。

目次

Webライターに最低限必要なもの6つ

まず、Webライターに最低限必要なものを紹介します。

Webライターを始めたい方は、下記で紹介するものから準備していきましょう。

最低限必要なもの6つ

  • パソコン
  • ネット環境
  • Googleアカウント
  • 文章作成ソフト
  • クラウドソーシングのアカウント
  • 銀行口座(楽天銀行)

パソコン

Webライターはパソコンを準備しましょう。

Webライター文章を書く職業となります。もちろんスマホでも書けますが、パソコンの方が圧倒的に効率が良いです。

ちなみにパソコンはそれほど高スペックでなくても大丈夫です。

おすすめのスペック

  • メモリ 8GB以上
  • ストレージ SSD256GB以上
  • CPU Intel:Core i5以上
  • AMD:Ryzen5以上

Webライターをするなら、程よいスペックのパソコンを準備しましょう。

ネット環境

Webライターにネット環境は必須となります。

なぜならクライアントと連絡を取るときやリサーチする際にインターネットを利用するからです。

まなと

おそらくネット環境がないと、Webライターの仕事はできないでしょう。

ちなみにカフェなどでフリーWi-Fiを使えますが、情報漏洩のリスクもあるため個人のネット環境を利用するのがおすすめです。

Googleアカウント

Webライターを始めるなら、Googleアカウントを準備しましょう。

なぜなら、さまざまな機会でGoogleのツールを使う場合があるからです。

Googleアカウントの使用機会

  • Gmailでクライアントとのやりとり
  • Googleドキュメントでの納品
  • Googleスプレットシードでの情報共有
  • Google検索でのリサーチ など

Webライターに必要な上記のツールをGoogleアカウント1つで管理できます。

無料で簡単に作れるので、あらかじめ作成することをおすすめします。

>>Googleアカウントを作成する

文章作成ソフト

Webライターの記事は、文章作成ソフトで提出することが多いです。

そのため、少なくとも下記の2つは準備しておきましょう。

文章作成ソフト

  • Microsoft Word
  • Googleドキュメント

ちなみにGoogleドキュメントは、Googleアカウントがあれば誰でも作成できます。

Microsoft Wordは、Windowsのパソコンにインストールされている場合は、それを使いましょう。

Microsoft Wordがインストールされていないパソコンの場合は、ソフトの購入や無料で使えるWordオンラインがおすすめですよ。

クラウドソーシングのアカウント

Webライター初心者は、クラウドソーシングサイトでの案件獲得が一般的です。

クラウドソーシングサイトとは?

仕事をする上で力を借りたい人と働きたい個人をマッチングさせるプラットフォームのこと。

Webライティングだけでなく、動画編集やイラスト作成などのオンライン上の仕事が多く募集されている

ちなみにクラウドソーシングサイトは、Webライティングの仕事が豊富なクラウドワークスランサーズがおすすめです。

Webライターは、まずこれらのサイトのアカウントを作成しましょう。

銀行口座(楽天銀行)

Webライターの報酬は、銀行振込で支払われます。

そのため、本格的にWebライターを始める場合は銀行口座が必要になります。

そして銀行口座は、楽天銀行がおすすめです。

なぜならクラウドソーシングサイトから振り込まれる手数料が、他銀行と比べて安くなるからです。

クラウドワークスランサーズ
楽天銀行 100円 110円
その他銀行 500円 550円
振り込み手数料

ちなみに楽天銀行は開設に1~2週間ほどかかるので、早めの手続きがおすすめです。

Webライターにおすすめの「あると便利なもの」

続いて、あったら便利なものを紹介します。

必要な場面に応じて、揃えていきましょう。

あると便利なもの6つ

  • 各種Webライター向けツール
  • ライティング関連書籍
  • ブログ
  • X(旧Twitter)アカウント
  • チャットツール
  • Webライティング関係の資格

各種Webライター向けツール

Webライターでは、作業を効率化するツールがいくつかあります。

役に立つツール

  • キーワード選定・調査に役立つツール
  • リサーチをサポートするツール
  • 執筆に便利なツール
  • 校正・コピペチェックに役立つツール
  • PC操作を楽にするツール

例えば、文章校正ツールを使うと、誤字・脱字などのミスを減らせます。

Webライターの仕事に慣れてきたら、作業効率化のためのツールを取り入れるのがおすすめです。

ライティング関連書籍

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

Webライターに必要なスキルは、本などの書籍で勉強するのがおすすめです。

なぜなら、書籍はWeb上の記事と比べて体系的にわかりやすくまとめられているからです。

もちろん何十冊も読んでノウハウコレクターになる必要はありませんが、何冊かは読んでみるのが良いですよ

まなと

良質なインプットをして、スキルを身につけていきましょう!

ブログ

Webライターはブログを同時にやるのがおすすめです。

なぜなら、ブログを運営することでWebサイトの運営に必要な知識が身に付くからです。

さらにWebライターのポートフォリオとして、クライアントへのアピールもできます。

ブログで成果が出れば、さらなる収入アップにもつながるので、多くのメリットを得られるでしょう。

X(旧Twitter)アカウント

X(旧Twitter) はWebライターをする際の仕事獲得ツールとして利用できます。

特に高単価で好条件の仕事は、Xを使用して獲得できることも多いです。

まなと

クラウドソーシングのように手数料も取られませんしね!

そのほかにもXアカウントにはさまざまなメリットがあります。

Xアカウントのメリット

  • 短くまとまった文章を書く練習になる
  • クライアントの情報収集ができる
  • Webライター仲間と繋がれる
  • Webライターのテクニックを学べる

また、Xアカウントでは、プロフィールから仕事の依頼を受ける場合があるため、DMを解放しておきましょう。

チャットツール

Webライターでは、クライアントとの連絡手段としてチャットツールを使用する場合があります。

なぜならチャットツールを使うことで、簡単に早くやり取りができるからです。

例えば、下記のようなサービスを使う場合があります。

チャットツール

  • Slack
  • Chatwork
  • Gmail など

もちろん、ダウンロードは案件獲得後でも問題はないでしょう。

しかし、登録は簡単ですし、早めにダウンロードしておくのが安心です。

Webライティング関係の資格

Webライターをするなら、資格を取得するのも一つの手でしょう。

なぜなら、資格を持つことで最低限の知識や技術が保証されるので、クライアントからの信頼が高まるからです。

Webライティング関連の資格

  • WEBライティング技能検定
  • WEBライティング能力検定
  • 日本語検定
  • ビジネス著作権検定
  • WEBリテラシー検定

もちろん必須ではありませんが、取得しておくと強みになりますよ。

Webライターの始め方簡単4ステップ

では、Webライターの始め方を4つのステップに分けて解説します。

Webライターの始め方4ステップ

  • インターネット環境とPCを準備する
  • Webライターの知識・スキルをつける
  • クラウドソーシングで案件に応募する
  • 実際にライティングをする

では一つずつ見ていきましょう。

インターネット環境とPCを準備する

Webライターは、オンライン環境があって成り立つ仕事です。

そのため、インターネット環境とPCの用意が必要です。

PCは、文章の作成やリサーチが問題なくこなせるものならOKですよ。

PCスペック

  • OS:WindowsかMacがおすすめ
  • CPU:Core i5、Ryzen 5以上
  • メモリ:8GB以上
  • ストレージ:SSDもしくはHDDとSSDのハイブリッド構成(デュアルストレージ)
  • ディスプレイサイズ:持ち運ぶなら13~14インチ、見やすさ重視なら15インチ以上
  • バッテリー駆動時間:外で作業することが多いなら8時間以上

また、文章作成にはタイピングの速さも重要なので、早いうちに身につけておきましょう。

Webライターの知識・スキルをつける

Webライターの環境が整い次第、必要な知識・スキルを身につけていきましょう。

Webライターに必要なスキル

  • ライティングスキル
  • SEOの知識
  • リサーチスキル
  • PCスキル
  • コミュニケーションスキル

特にライティングスキルは、最も重要となります。

ライティングの基礎を身につけることで、Webライターとしての単価も上がりやすくなるからです。

スキルを身につけるには勉強が必要となります。

下記記事では、独学でもできるWebライターの勉強方法を解説しています。

クラウドソーシングで案件に応募する

Webライターの知識・スキルがある程度身についたら、実際にクラウドソーシングで案件に応募していきましょう。

クラウドソーシングとは、仕事の依頼者と受注者をマッチングするサービスのこと

おすすめのサービスは下記の通り

おすすめのクラウドソーシングサービス

これらのサービスは初心者OKの案件も多いので、未経験でも挑戦しやすいですよ。

実際にライティングをする

案件を獲得したら、実際にライティングしていきましょう。

ライティング時は、身につけた知識を活かしながら質の高い記事を書いていきます。

また、案件ごとにリクエストが異なるので、それに応じることも意識しましょう。

ライティングの際に守るべき点は下記の通り

  • クライアントのマニュアルを遵守する
  • 誤字脱字はなくす
  • 納期に遅れないこと
  • できるだけ24時間以内の返信

上記の項目を守らないと、「人間性」を疑われかねません。

評価は次の案件にも影響するため、最後まで責任を持って仕上げていきましょう。

もしアクシデントなどがある場合は、早めにクライアントと相談するのがおすすめです。

まとめ:必要なものを揃えてWebライターを始めよう!

本記事では、Webライターに必要なものとあったら便利なものを紹介しました。

必要なものあると便利なもの
パソコン
ネット環境
Googleアカウント

文章作成ソフト
クラウドソーシングのアカウント
銀行口座(楽天銀行)
各種Webライター向けツール
ライティング関連書籍
ブログ
X(旧Twitter)アカウント
チャットツール
Webライティング関係の資格

Webライターは好きな時間・場所でできる人気の仕事です。

興味がある方ややってみたい方は、まず「最低限必要なもの」を揃えて、必要な時に「あったら便利なもの」を集めるのがおすすめですよ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次