WordPressでブログを始める(2/28(水)までお得なセール実施中)

【初心者向け】SEOに強いキーワード選定のやり方5ステップを紹介!

悩んでいる人

初心者ですが、検索上位が取れるキーワード選定のやり方を知りたいです。
コツやキーワード選定後にやることも教えてください!

こんな悩みを解決します。

SEOの集客は、キーワード選定が鍵を握ります。

正しくキーワード選定ができていないと、呼び込みたいユーザーをサイトに集められません。

実際に私もブログを始めて半年以上は、キーワード選定をせずに書いていました。

もちろん誰にも読んでもらえなかったです。

しかし今では、検索結果1位を複数取れています。

そこで僕みたいに遠回りしないためにも、キーワード選定をしっかりして欲しいです。

SEOでの集客を効率化したい方は、ぜひこの記事をチェックしてみてくださいね。

シンプルで、おしゃれで、記事作成も簡単なテーマ!

Manato Blogでも愛用の超おすすめテーマ「SWELL」はこちらです!

目次

キーワード選定が必要な理由

キーワード選定とは、ユーザーが悩んだり、疑問をもった時に検索するキーワードを探すこと。

キーワード選定が必要な理由は主に2つです。

では一つずつ解説します。

読者の悩みを解決する

検索キーワードには、読者の悩みや疑問が見えます。

なぜならキーワードは、「自分が困った時に、検索する言葉」だからです。

あなたも何か困った時に、Googleなどでキーワードを使って検索したことがあると思います。

このキーワードを取り入れた記事を書くことが、読者の悩みを解決する上で重要なポイントになります。

「検索キーワード」=「ユーザーの悩み」なので、キーワード選定をすることで、悩みを解決しやすくなります。

求めてるユーザーに届けられる

SEOで集客を成功させるために、「商品・サービスの利用者が何を検索するか?」を考える必要があります。自分のターゲットに合わない読者を集めても、成果に繋がりません。

例えば、留学のために英会話を勉強したい人に向けて、

  • 「TOEIC 点数 上げ方」(英会話の上達には遠いキーワード)
  • 「プログラミング 始め方」(全く関係ないキーワード)

といったキーワードを狙っても意味はないです。

対して、下記のようなキーワードであれば、悩みを解決できそうです。

  • 「英会話 おすすめ」
  • 「英会話 始め方」

このように適切なキーワード選定をすれば、コンテンツを届けたいユーザーを集客できます。

まなと

これからそんなキーワード選定のやり方を、具体的に解説します!

キーワード選定のやり方

キーワード選定のやり方は、下記の5ステップです。

では一つずつ解説していきます。

メインキーワードを決める

まずキーワード選定の軸となるメインキーワードを決めていきます。

実際に記事を書くときは、このメインキーワードに従います。

「キーワードを決める」と聞くと難しく感じるかもしれませんが、要するに

その記事は何について書いた記事なの?

という質問に答えるだけですね。

この記事であれば、「キーワード選定」になります。このようにまず、メインになるキーワードを決めていきましょう。

関連キーワードを見る

メインキーワードを決めたら、関連するキーワードを抽出します。

ここでは、メインキーワードに関連する需要のあるキーワードを調べられます。

関連キーワードは、「ラッコキーワード」で簡単に抽出できます。

ではやり方を見ていきましょう。

STEP
ラッコキーワードに移動

まずはラッコキーワードに移動しましょう。

STEP
検索欄にメインキーワードを入力

下記の画面が出てくるので、検索欄にメインキーワードを入力しましょう。

STEP
関連キーワードが表示される

すると、下記のように関連キーワードの一覧が表示されます。

以上で関連キーワードを抽出できました。

補足

ラッコキーワードは、非ログインの状態だと利用回数が1日5回に制限されます。

メールアドレスで簡単に登録できるので、事前に登録しておきましょう。

>>ラッコキーワードはこちら

サーチコンソールを使うのもあり

記事を書いた後であれば、Googleサーチコンソールの情報も参考になります。

書いた記事が実際に検索されているワードが分かるため、

それを元に記事のリライトや、新たな記事の作成に活かすことができます。

まなと

お宝キーワードが見つかることもありますね!

Googleサーチコンソールの設定がまだの方は、こちらの記事を参照してください。

検索ボリュームを調べる

次に取得した関連キーワードの「検索ボリューム(検索数)」を調査します。

ここでは、「実際にどのくらい検索されているのか」を見ていきます。

具体的な調べ方は、ラッコキーワードの有料版もしくは無料のgoogleキーワードプランナーを利用します。

キーワードプランナーを利用すれば、

  • 指定したキーワードと検索ボリューム
  • 関連キーワードとその検索ボリューム

を知ることができます。

現在は100〜1000などざっくりした値ですが、

広告費をかけると、もう少し具体的に検索ボリュームを確認できますよ。

まなと

基本的に無料版でOKです!

検索ボリュームはあくまで参考程度で捉えて、読者にとっても必要だと思えば数字が大きくても小さくても書いていきましょう!

検索意図を理解する

キーワードを網羅した後は、ユーザーの検索意図を理解していきましょう。

検索意図をしっかり理解し、その答えを書くことで「需要のある記事」を作れます。

例えば、「キーワード選定」というワードはどんな意図で検索されたものでしょう?

また、「どんな悩み(何を解決したくて)」検索されたものでしょう?

ここを深掘りすると、

  • キーワード選定って何?
  • キーワード選定ってなんで必要なの?
  • 具体的にどーやってやるの?
  • どんなツールがおすすめ?
  • キーワード選定した後はどうするの?

など様々な検索意図が考えられますよね。

ちなみに検索意図は、Googleで実際に検索して、上位表示されている記事を見れば分かります。

なぜなら上位の記事は、グーグルが示す「このキーワードの人はこの記事を求めている」という「答え」だからです。

例えば、実際に検索してみるとこんな感じです。

検索意図で分けるとこうなります。

つまり「キーワード選定」というキーワードは、

「キーワード選定をやりたいけど、方法(手順)やコツを知りたい」

というニーズがあることが分かります。

そのため自分が「キーワード選定」というキーワードで記事を書くときも、そーいった悩みを解決する記事に仕上げます。

これがキーワード選定の最も基礎的な部分ですね。

まなと

ちなみにサジェストをみるだけでも大体わかりますよ!

Yahoo!知恵袋でも分かる

ちなみにYahoo!知恵袋でも検索意図を理解できます。

Yahoo!知恵袋では、読者のリアルな悩みを見ることができるので、自分の記事の参考にすることもできます。

ラッコキーワードで簡単に調べることができるので、ぜひ見てみてください。

>>ラッコキーワードはこちら

競合を調べる

キーワード選定では、競合の調査も同時に行うことになります。

先ほど検索結果を見るという話をしました。そうすると、上位記事が強いサイトか弱いサイトかが分かります。

例えば、

  • 大手のメディア
  • 有名な大企業のメディア
  • 専門機関や政府が運営するサイト

などが上位の場合や、明らかな記事のクオリティの違いで、ライバルの強さを見極めることができます。

逆に検索結果の上位の記事が、

  • Yahoo!知恵袋
  • 情報が少し前の記事
  • 無料ブログなどの日記のような記事

など明らかにクオリティが低い記事が上位の場合は、チャンスですね。

もちろんライバルが強くても、自分のサイトに必要なら書いた方がいいです。

しかしキーワード選定をしていると、「明らかに需要があるのにライバルが少ない!」などの場面に出くわします。

まなと

いわゆるお宝キーワードですね!

そんなキーワードを見つけたときは、ひっそりと記事を書いて上位を独占しましょう。

トランスコープでキーワード調査

トランスコープは、今話題のGPT-4を利用したAIライティングツールです。

このトランスコープを使えば、簡単にキーワード選定・記事作成を行えます。

まなと

では、簡単に使い方を紹介していきます!

キーワード選定

まずサイトバーの「キーワード選定」 →「キーワード」をクリック後、「対策したいキーワード」にメインのキーワードを入力し「分析する」をクリックしましょう。

すると下記の項目を見ることができます。

分析できる項目

  • タイトルにキーワードが含まれている記事数
  • WordPress利用率
  • キーワード
    • 流入ワード
    • Googleサジェスト
    • GoogleTrend上昇中キーワード
    • GoogleTrend関連キーワード
    • YouTube

キーワードの5つでは、月間検索数や競合性の強さを確認できます。

特に「流入ワード」では、関連するキーワードの検索数なども見ることができます。

これらをサブのキーワードとして取り入れるのもおすすめですよ。

キーワードの競合分析

続いて、トランスコープを使ったキーワードの競合分析を紹介します。

ドキュメント」→「AIにおまかせする」の選択後、「新規作成する」をクリックしましょう。

キーワードで分析する」をチェック後、メインとなるキーワードを入力し、「分析を開始する」をクリックしましょう。

すると、下記のようにAIが自動でおすすめのタイトルや見出しを作成してくれます。

利用ワード」をクリックすると、上位サイトの平均文字数や利用キーワードも確認できます。

流入ワード」を選択すると、関連するキーワードの検索数や難易度、クリック単価などが見られます。

見出し」を選択すると、上位10サイトのタイトルと見出しを確認できます。

以上が、トランスコープを使ったキーワードの競合分析となります。

トランスコープでは、AIライティングだけでなく、キーワード選定としても活用できます。

メールアドレスを登録するだけで無料版のお試しができるので、ぜひ活用してみてください!

>>SEOに強いAIライティングツールならトランスコープ

キーワード選定のコツ

では、キーワード選定のコツを解説します。

  1. ロングテールキーワードを狙う
  2. 競合が強くても書く
  3. キラーコンテンツに流入する
  4. 検索意図が同じキーワードを探す

一つずつ見ていきましょう。

ロングテールキーワードを狙う

ロングテールとは、複数の語で成り立つキーワードのことです。

ロングテールキーワードの例

  • 「WordPress テーマ ランキング」
  • 「英会話 おすすめ 20代」
  • 「上司 嫌い 対処法」

ロングテールキーワードは、月間検索数が少ないので、上位表示できてもアクセス数は増えにくいです。

しかし強豪のサイトも狙わない傾向があるので、ライバルも弱くなりがちです。

特に初心者の頃は、Googleからサイトの評価をされていません。

ビックキーワードを狙っても勝算は低いので、勝てるキーワードから狙うのがおすすめです。

またロングテールキーワードの検索者は、「悩み解決のための、具体的な解決策が欲しい」と考えています。

より深いコンテンツを作り、上位記事を量産していきましょう。

競合が強くても書く

悩んでいる人

競合が強かったらやめた方がいいの?

いえ、競合が強くても、自分のサイトに必要なら書くべきです。

なぜなら、「競合が強い=多くのニーズがある」からです。上位表示をするのは難しいかもしれませんが、サイトの専門性を高めることに繋がります。

逆に言えば、競合が弱いキーワードは、ニーズが少ないということです。それだと価値の低いサイトになってしまいます。

競合が強くても、サイトを充実させるために必要な記事は挑戦していきましょう。

キラーコンテンツに流入する

キーワード選定の際は、キラーコンテンツへの流入を目指しましょう。

SEOにおいて「キラーコンテンツ」とは、商品やサービスを販売するページのこと。このキラーコンテンツにユーザーを集めることで、売り上げアップを狙えます。

しかし、キラーコンテンツを上位表示させるのは難しいのも事実。

キラーコンテンツの上位表示が厳しい理由

  • 個人ブログの場合:キラーコンテンツになる「商品名」「〇〇おすすめ」などのキーワードは競合が強い

そのため積極的に「集客記事」を増やすのがおすすめです。

集客記事とは、「ユーザーを集めるための記事」のこと。

まずは集客記事でアクセスを集めて、記事内にあるキラーページへのリンクに誘導しましょう。

キーワード選定を行う際、「キラーコンテンツへの流入を狙えるか」も意識することが大切です。

まなと

集客記事のキーワードは、競合が弱くて上位表示しやすい傾向にあります。

検索意図が同じキーワードを探す

違うキーワードでも、検索意図が同じものは一つの記事にまとめましょう。

具体例をいくつか見ていきます。

検索意図が同じキーワード
  • 「〇〇 料金」
  • 「〇〇 価格」
  • 「〇〇 評判」
  • 「〇〇 口コミ」
  • 「〇〇 やり方」
  • 「〇〇 手順」

例えば、上記を検索するユーザーは同じ目的だと考えられそうですよね。

同じ検索意図で複数の記事をかくと「カニバリゼーション」が起き、SEOの評価が下がる原因になります。

カニバリゼーションとは?

カニバリゼーションとは「共食い」を意味する言葉。SEOにおいては、同サイト内の類似ページが意味の近いキーワードで競合すること。Googleからの評価が分散して、検索順位の低下につながることがある。

同じ検索意図のキーワードは1つの記事でまとめるようにしましょう。

ちなみに下記のようなキーワードも1つの記事で狙うのがおすすめです。

1記事にまとめるキーワード
  • 「〇〇 メリット」
  • 「〇〇 デメリット」

別々で書いても良いですが、多くのユーザーは、デメリットも知りたいはず。

ぜひ「〇〇のメリット・デメリットを紹介!」と1つの記事で、知りたいことを同時に満たしてあげましょう。

まなと

以上、初心者向けキーワード選定のコツでした!

キーワード選定におすすめのツール

キーワード選定には、役に立つツールがたくさんあります。

おすすめのツールをいくつか紹介するので、ぜひ使ってみてください。

検索ボリュームの調査におすすめツール

関連キーワードの調査におすすめのツール

まなと

ちなみに僕は、検索ボリューム調査はラッコキーワードの有料版、関連キーワード調査はラッコキーワード・googleサーチコンソールを使っています!

キーワード選定後にやること

最後に、キーワード選定後にすべきことを5ステップで紹介します。

  • 記事の構成を練る
  • 記事を執筆していく
  • 検索順位を確認する
  • 検索順位を見てリライトする
  • キーワードを更新する

一つずつ解説していきます。

記事の構成を練る

キーワード選定を行ったら、記事構成を作りましょう。

記事構成とは、あらかじめコンテンツの内容をまとめたもの。これを作成することで、スムーズに記事を執筆することができます。

例えば当ブログでは、下記のようにmindMeisterでまとめています。

記事構成案の例

事前に記事構成を作ることで、記事執筆の効率がよくなりますよ。

>>MindMeisterはこちら

記事を執筆していく

記事構成を作成したら、執筆に移っていきます。

とはいえ、構成の通りにライティングを行うだけなのでスムーズにできます。

検索順位を確認する

記事を執筆・公開したら、定期的に順位チェックを行いましょう。

ブログのSEO順位を高めるには、自分の現状を知る必要があります。

検索順位は、サーチコンソールで行えます。

無料で使えて、表示回数やクリック数なども確認できるので便利ですよ。

検索順位を見てリライトする

検索順位を確認したら、順位に応じて「リライト」をしていきましょう。

リライトをする目的は、過去の記事や文章を見直して、よりユーザーのニーズを満たすためです。

リライトをすることで、

  • 検索順位をあげる
  • 情報をアップデートする
  • 検索意図を再確認する

などの効果があります。

今回は、検索順位に応じて、リライトの方法を紹介します。

50位圏外の記事

50位圏外の場合は、記事の内容と検索意図がずれている可能性があります。

リライトしてもそこまでの効果は見込めないため、手を付けずに他の記事を優先しましょう。

どうしても検索結果を上げたい場合は、リライトよりも新しく記事を書き直した方が上位表示できることが多いです。

まなと

ただ、検索意図を満たしていても、50位圏外になることもあります。
その時は、サイト全体の評価が低いのが原因なので、他の記事で上位表示を狙いながら、googleからの評価を高めていきましょう。

11〜50位の記事

11〜50位の場合は、「そこそこ検索意図が満たせている」とgoogleに判断されている状態です。

適切にリライトすれば、10位以内も十分に狙える位置ですね。

そのため、リライトする際は、「コンテンツを充実すること」を意識しましょう。

例えば、

  • 上位記事にあり、自分の記事にない情報
  • 自分だけのオリジナルな情報(体験談)
  • その他ユーザーのニーズを満たせる情報

などを追加するイメージです。

ただ検索ボリュームが多いキーワードは、上位表示が難しい場合があります。

その際は、関連記事で内部リンクを増やして、チーム戦で順位を上げていきましょう。

4~10位の記事

4~10位の記事は、SEOで評価されていて、アクセスも少しずつ集まっている状態です。

そのため、ここからは上位によるユーザーの獲得合戦になります。

具体的には、

  • 記事の深掘り
  • タイトルの見直し

がメインになります。

記事の深掘りは、SEO順位のアップが目的です。タイトルの見直しは、ユーザーのクリック率向上が目的です。

ちなみに下記は、検索順位ごとのクリック率の目安です。定期的にクリック率をチェックして、PVを上げていきましょう。

1ページ目のクリック率の目安

検索順位デスクトップ(PC)モバイル
1位30.69%27.83%
2位14.48%14.46%
3位8.99%8.34%
4位5.85%5.59%
5位4.09%3.90%
6位2.92%2.82%
7位2.16%2.15%
8位1.68%1.65%
9位1.36%1.32%
10位1.14%1.11%
[データ参照元]Google Organic CTR History(International)- Advanced Web Ranking(2023年5月データ)

1~3位の記事

1~3位の場合は、SEO対策のリライトが特に不要です。

なぜならここまで来ると、

  • ドメインパワー
  • 被リンクの量と質

など自分のコントロール外の要因で順位が決まるからです。

まなと

もちろん他の要素もあります!

そのため、1~3位の記事のリライトは、

  • タイトルの見直し
  • CVポイントの改善

などを行いましょう。

タイトルの見直しの目的は、前述の通りクリック率向上です。

CVポイントの改善は、ボタンの色や訴求文を見直して、多くのユーザーにサービスを購入してもらうことが目的です。

そのため、1~3位の記事は「クリック率」や「CV率(成約率)」などをgoogleサーチコンソールなどで確認しながら、リライトを行っていきましょう。

まなと

リライトのコツは以上です!

キーワードを更新する

キーワードは、定期的にアップデートをしていきましょう。

キーワードを更新すると、下記のようなメリットがあります。

  • 新しいキーワードを発見できる
  • 検索意図の変化に気づける
  • SEOの戦略を再確認できる

常に情報は変化し続けるので、SEOでの集客を成功するには、アップデートが必要です。

また繰り返しキーワード選定をすることで、キーワードの探し方や選び方が洗練されるので、より高度な戦略を練ることができますよ。

まとめ:ブログ初心者こそキーワード選定を意識しよう

今回は、キーワード選定のやり方について解説しました。

キーワード選定のやり方

  • メインキーワードを決める
  • 関連キーワードを見る
  • 検索ボリュームを調べる
  • 検索意図を理解する
  • 競合を調べる

今回は、キーワード選定のやり方について解説しました。

キーワード選定は、記事を作成する上でとても重要な作業です。

適切にキーワードを選ばなければ、SEOでの集客は難しいため、記事を読まれる機会が減ってしまいます。

キーワード選定でしっかり検索意図を把握し、その意図に沿った記事を書くように心がけましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次