WordPressでブログを始める(7/22(月)までお得なセール実施中)

Webライター初心者が月1万円稼ぐ方法【体験談あり】

Webライターで月1万稼ぎたいです。
具体的に稼ぐ方法を教えて欲しいです。

本記事ではこんな悩みを解決していきます。

未経験のWebライターが月1万円を稼ぐのは、簡単ではありません。

しかし正しいステップを踏むことで、十分狙えるものでもあります。

そこで本記事では、Webライター開始2ヶ月で月1万円稼いだ私が、初心者でも月1万円を達成できる方法をご紹介します。

Webライターに必要なスキルや注意点も解説するので、ぜひご参考ください。

目次

初心者Webライターが月1万円稼ぐのは難しい

大前提として、Webライター初心者が月1万円を稼ぐのは難しいです。

なぜなら最初はスキルもなく、案件を獲得できないことが多いからです。

難しい理由

  • 案件を受注できない
  • そもそも記事の書き方がわからない
  • 時給換算すると激安になる

上記の理由から、月1万円を稼ぐ前に辞めてしまう方も少なくありません。

しかし月1万円稼げれば、ある程度の知識やスキルが身についているということなので、2万、3万と次のフェーズに行きやすいです。

そのため、初心者Webライターはまず月1万円を目指しましょう。

初心者Webライターが月1万円稼ぐステップ

では、初心者Webライターが月1万円稼ぐ方法を4つのステップで解説していきます。

  • Webライティングの基礎を学ぶ
  • クラウドソーシングサイトに登録する
  • プロフィールを作成する
  • 提案文を提出する
  • 採用後に記事を納品する

Webライティングの基礎を学ぶ

Webライターは、記事を書く仕事です。

そのため初心者は、Webライティングの基礎知識をあらかじめ学ぶことが大切です。

具体的には、本などでWebライターの仕事内容や必要な知識を体系的に学ぶことができます。

何冊も読む必要はないので、まずは下記のような本を1冊読んでWebライティングの基礎を学びましょう。

独学でできるWebライターの勉強方法は下記記事でご紹介しています。

クラウドソーシングサービスに登録する

Webライターで月1万円を稼ぐためのプラットフォームを決めていきましょう。

おすすめはクラウドソーシングサービスを利用することです。

クラウドソーシングサービスとは、仕事をしてほしい人(依頼者・クライアント)と、仕事をしたい人(受注者・ワーカー・メンバー)を、効率よく繋いでくれるサービスのこと

初心者Webライターにおすすめのクラウドソーシングサービスは下記の通りです。

この中でもおすすめは、国内利用者数が最も多いクラウドワークスです。

初心者向けの案件も見つかりやすいので、ぜひ登録して案件を探してみてください。

プロフィールを作成する

クラウドソーシングサービスに登録したら、プロフィールを作成していきましょう。

プロフィールは自分をアピールするものであり、採用するクライアントも見ています。

具体的には、下記の項目を記入するのがおすすめです。

  • 経歴
  • 保有資格・スキル
  • 得意ジャンル
  • 実績・過去の執筆記事
  • 対応可能な業務
  • 希望の報酬額
  • 対応可能時間
  • 連絡先

特にライティング経験がないWebライターは、職歴や経歴・保有資格などがアピールポイントとなります。

実績は採用されてから加える形でも大丈夫でしょう。

提案文を提出する

続いてクライアントに提案文を提出しましょう。

提案文は、クライアントに採用されるためのアピールの場です。

しっかりと自分の情報を伝えて、クライアントに貢献できることを示しましょう。

提案文に記載する項目は下記の通りです。

  • 挨拶・自己紹介
  • 応募動機
  • 経歴・保有資格
  • 実績・得意ジャンル
  • 対応できる業務
  • 対応できる本数
  • 締めの言葉

クライアントによっては、質問項目がある場合があります。

質問への回答がない場合、採用されることはまずありません。

提案文を書く際は、しっかりと募集要項を確認して求められていることを記載しましょう。

採用後に記事を納品する

Webライターとして採用された後は、実際に記事を執筆していきます。

クライアントによってマニュアルがあるので、マニュアルしたがって執筆すれば大丈夫です。

初稿を提出した後、修正があれば修正をし、修正がなければそのまま納品となります。

納品が完了し、クライアントの検収が終了すれば、報酬が振り込まれます。

Webライターで月1万円稼ぐのに必要なスキル

ではWebライターで月1万円稼ぐのに必要なスキルをご紹介します。

  • 営業スキル
  • タイピングスキル
  • 最低限のライティングスキル
  • WordPressスキル

営業スキル

営業スキルは、Webライターで月1万円稼ぐのに重要なスキルです。

ここで言う営業スキルとは、クライアントに採用されるために自分をアピールする能力のことです。

大前提、案件を獲得できなければWebライターで月1万円稼ぐことはできません。

そのため下記のようなことを伝えて自分をアピールしましょう。

  • 「自分はどのようなスキル・経験を持っているか」
  • 「どうクライアントに貢献することができるか」

クライアントが「この人を採用したい!」と思えるアピールができれば、月1万円はすぐ到達できるでしょう。

タイピングスキル

Webライターにとってタイピングスキルはかなり役に立ちます。

必須というわけではないですが、タイピングスキルがないと極めて作業効率が悪くなります。

実際にWebライターは1日で5,000文字以上を書くときもあるので、タイピングが遅いとかなり手こずります。

まなと

結果的に挫折しかねません。

タイピングは練習で速くなるので、「寿司打」などで練習しておきましょう。

最低限のライティングスキル

Webライターで月1万稼ぐなら、最低限のライティングスキルも大切です。

Webライターは文章を書く仕事なので、最低限のライティングスキルがないと仕事になりません。

具体的には下記のようなことを身につけましょう。

  • ロジックが通った文章を書く
  • 箇条書きや句読点などを使い分かりやすくする
  • PREP法で執筆する
  • 自分で読んで違和感のない文章にする

これらの最低限のライティングスキルを身につけておけば、月1万円もすぐに到達できるでしょう。

WordPressスキル

WordPressスキルとは、WordPressを操作するスキルのことです。

WordPressスキルが必要な理由は、クライアントがWordPressを使用している場合があるからです。

まなと

ちなみにこのサイトもWordPressで作成しています!

自分がWordPressを使える場合、入稿などの作業を代わりに行えるため、クライアントの負担を減らすことができます。

結果的に自分の単価も上がるので、月1万を超えやすくなります。

なおWordPressスキルを身につけるには、自分のブログを始めることがおすすめです。

Webライターがブログをするメリット

  • WordPressスキルが身に付く
  • 文章力が身に付く
  • 記事構成力やサイト構成力が身に付く

自分のブログを始めることで、Webライターに必要なWordPressスキルだけでなく、構成力やライティング力も身につきます。

Webライターで月1万円稼ぐ時の注意点

では、Webライターで月1万円稼ぐ時の注意点をご紹介します。

  • 低単価すぎる案件はやらない
  • 怪しい案件には手を出さない
  • 一つのサービスに注力する

低単価すぎる案件はやらない

低単価すぎる案件の場合、月1万円を稼ぐハードルはかなり高くなります。

例えば、文字単価0.3円で5,000文字を週1回書いたとしても、月に6,000円ほどにしかなりません。

文字単価0.3円×5,000文字=6,000円

低単価案件では、月1万に到達するのはかなり厳しいです。

最低でも0.5円、目安は0.8~1円以上の仕事に応募しましょう。

怪しい案件には手を出さない

Webライターでは、怪しい案件がたくさんあります。

具体例を挙げると下記の通りです。

  • 応募したのに仮払いされない
  • 納品後に全然連絡がつかない
  • 採用をする気ないのにテストライティングだけさせられる

Webライター初心者は、クライアントの良し悪しを判断することが大切です。

特に発注者の評価を見ることで、信頼できるクライアントかを判断しやすくなります。

一つのサービスに注力する

Webライターでは、1つのサービスに注力するのがおすすめです。

行った案件は1つのサービス内で実績として積み上がるので、複数を同時並行するのは効率が悪いです。

初心者におすすめのクラウドソーシングサービスは主に下記のようなものになります。

どれも有名で案件を取りやすいですが、複数行うのはおすすめできません。

ぜひ1つに絞って実績を効率よく積み重ねていきましょう。

僕がWebライター開始2ヶ月で月1万円稼いだ方法

僕が月1万円を稼いだのは、Webライターを始めて2ヶ月のことです。

内訳は下記の通りです。

文字単価収入
文字単価0.5円×2(5,000文字)3,780円
文字単価1円(10,000文字)8,580円
合計12,360円
月1万円を稼いだ時の内訳(※収入はクラウドワークスの手数料差引後の料金)

特に文字単価1円の案件を獲得できたのが大きかったと思います。

なお私がWebライターを始めてすぐに文字単価1円の案件を獲得できた理由は、ブログでWordPressを扱えていたからです。

WordPressスキルがあることで、WordPress入稿を任せてもらい、すぐに月1万円を達成できました。

Webライターにとって、WordPressブログをしていることは大きな強みになります。

WebライターがWordPressブログをするメリット

  • WordPressスキルが身に付く
  • 文章力が身に付く
  • 記事構成力やサイト構成力が身に付く

なかなかWebライターで案件を取れない方は、WordPressブログでスキルを身につけるのがおすすめですよ。

積極的にWebライター案件に応募しよう!

本記事では、Webライター初心者が月1万円稼ぐ方法についてご紹介しました。

月1万円稼ぐのは簡単ではないですが、達成することで実績や自信に繋がります。

次のステップに繋がることなので、ぜひ目指してみてください。

いきなりWebライターを始めるのは気が引ける方は、まずはブログで練習するのがおすすめです。

僕もブログでスキルを身につけてからWebライターを始めたので、参考になるかと思います。

まなと

Webライターでまずは月1万円を目指してみましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次