WordPressでブログを始める(2/28(水)までお得なセール実施中)

【初心者必見】ブログでペルソナを作る方法5ステップを解説!

悩んでいる人

ブログのペルソナってなんで重要なの?
具体的な作り方も教えて欲しい!

今回は、このような疑問を解決します。

本記事の信頼性

まなと
  • Manato Blog 運営者
  • ブログ2年目
  • 開始4ヶ月で0→1達成
  • 現在は4桁ブロガー
  • Twitter:@manato_blogger
よろしくお願いします!

ブログにおけるペルソナ設定は大きな意味を持ちます。

ペルソナを作ることで、検索意図をイメージでき、検索意図を満たす記事を書きやすくなります。

しかし、いきなり「ペルソナは重要!」「ペルソナを作れ!」と言われても、初心者にとっては難しいですよね?

まなと

実際、僕もペルソナを理解したのはブログ開始から一年後でした。

そこで今回は「ペルソナ」についてわかりやすく解説します。

具体的な作成手順やその後にすることも紹介するので、最後まで読めばブログ運営を効率化できますよ。

シンプルで、おしゃれで、記事作成も簡単なテーマ!

Manato Blogでも愛用の超おすすめテーマ「SWELL」はこちらです!

目次

ブログにおけるペルソナの前提知識

まず、ブログにおけるペルソナの前提を話していきます。

  • ペルソナの詳細設定は不要
  • ブログのペルソナは、顔が思い浮かべばOK
  • ペルソナ設定の目的は読者ニーズの理解のため

それぞれ解説します。

ペルソナの詳細設定は不要

ブログにおいて、ペルソナの詳細設定は不要です。

なぜならペルソナの目的は、「読者が何を求めているかを、イメージすること」だからです。

よくマーケティングなどで、ペルソナ設定は下記項目が必要と言われます。

ペルソナ設定でよく言われる項目

  • 名前・性別・年齢・職業・収入・趣味・生活習慣
  • 仲の良い友達・休日の過ごし方など

しかし目的は読者ニーズの理解なので、ここまで細かくなくてもOKです。

まなと

例えば「24歳男性。会社員2年目。独身。年収400万。趣味は釣りと飲み会。」のように詳細に設定しても、読者のイメージができなければ意味ないですからね。

ブログのペルソナは、顔が思い浮かべばOK

では、どこまで設定すればいいのか?

結論、「読者の顔が浮かぶまで」で大丈夫です。

例えば、下記のようなものがあてはまります。

  • 1年前の自分
  • 大学時代の親友
  • 職場で仲のいい同僚
まなと

この辺なら簡単にイメージできそうですよね。

読者の顔が浮べば、検索意図がリアルに分かったり、使う口調も見えてきます。

本記事でのペルソナの設定方法は、後ほど紹介していきます。

ペルソナ設定の目的は読者ニーズの理解のため

先ほども話しましたが、ペルソナ設定の目的は、「読者ニーズを理解すること」です。

読者ニーズを理解することで、その悩みを解決する記事を作れます。

結果的に、ブログのアクセスや検索順位アップにつながるでしょう。

例えば、僕は「ブログ ペルソナ」と検索するユーザーに、下記の意図があると想定しています。

ブログ ペルソナの検索意図

  • ペルソナはなぜ重要なの?
  • ブログのペルソナの作り方は?
  • ペルソナの活用方法は?

想定したニーズが合っているかは、読者が読むまでわかりません。

しかしペルソナ設定をすることで、圧倒的に精度を高められるのでぜひ作っていきましょう。

まなと

では、具体的なペルソナ設定の方法を紹介していきます。

ペルソナ設定の具体的な手順5つ

続いて、ペルソナ設定の具体的な手順を解説していきます。

では一つずつ解説していきます。

キーワード選定をする

まず、キーワード選定をしていきます。

キーワード選定をすることで、記事を書く目的が明確になります。

キーワード選定の方法がわからない方は、下記の記事を見ながら設定してみてください

>>【初心者向け】SEOに強いキーワード選定のやり方5ステップを紹介!

まなと

基本的にペルソナは、キーワード1つに対して、1つ設定すればOKですよ。

 

読者の顔を思い浮かべる

次に、選んだキーワードを検索しそうな読者の顔を思い浮かべます。

僕はよく「1年前の自分」に設定しますが、そのキーワードを検索しそうな友人や知り合いなどでもOKです。

読者が検索した背景を考える

読者の顔を思い浮かべたら、検索する背景を考えます。

本記事でいえば、下記のとおりです。

  • ブログ系ユーチューバーが、ブログのペルソナ設定は大切と言っている。
  • しかしユーチューブだけでは、理解できなかった。
  • そこで「ブログ ペルソナ」とGoogle検索をする
まなと

検索の背景は、検索意図を理解するために重要なのでしっかり考えましょう!

読者の検索意図を理解する

続いて、読者の検索意図を理解していきます。

検索の背景からは、下記のような疑問があると考えられます。

  • ペルソナの重要性
  • ペルソナの設定方法

そうすると、検索意図は下記のようなことが考えられます。

  • なぜブログでペルソナが重要なのか知りたい
  • ペルソナを設定する方法を具体的に知りたい

つまり、本記事では上記のような検索意図を満たしていけばOKということになります。

検索意図の深掘りをする

最後に検索意図の深掘りを行いましょう。

深掘りのコツは、先ほどの検索意図の「先読み」をすることです。

本記事の場合は、以下の通りになりました。

検索意図の深掘り

  • ペルソナはなぜ重要なの?(重要性を解説)
  • ペルソナはどうやって作るの?(ペルソナの作り方を解説)
  • ペルソナを作ったあとはどうするの?(ペルソナ作成後にすることを解説)
  • ペルソナを活かした記事の書き方は?(記事の書き方を解説)

実際はさらに深掘りできますが、今回はここまでにします。

赤字部分が深掘りをした検索意図となります。これは「潜在ニーズ」とも呼ばれます

ニーズの深掘りをすることで読者満足度を高められるので、ぜひ試してみてください。

まなと

以上で、ペルソナ設定は完了です。

ブログのペルソナ設定後にやること

記事を書く

最後にペルソナ設定後にすべきことを解説します。

ペルソナ設定後にすること

  • 記事を執筆する
  • 記事をインデックス登録する
  • キーワードの順位を計測する
  • 記事のリライトする

ではそれぞれ解説します。

記事を執筆する

ペルソナを設定したら、記事を書いていきます。

すでに検索意図の把握はできているので、あとは記事構成案の作成・執筆するだけです。

ライティング前後に、読者の検索意図を満たせているかを確認しましょう。

まなと

あなたの考えた検索意図はあくまで想定なので、それが正しいかはGoogleに判断してもらいましょう。

ちなみに、記事構成案の作り方と記事の書き方は、下記記事をご覧ください。

>>ブログ記事の構成案の作り方7ステップを解説!【テンプレート付き】

>>【初心者向け】ブログ記事の書き方6つの手順と12コツを解説!

記事をインデックス登録する

記事を書いたら、インデックスに登録しましょう。

これは、Googleのロボットに「記事を見にきてね!」と申請するもので、工程はGoogleサーチコンソールから行います。

上記により、Googleのロボットが自分の記事を見つけやすくなり、検索結果に早く載るきっかけになります。

ちなみにまだサーチコンソールと連携させてない方は、WordPressでgoogleサーチコンソールを設定する方法【初心者向け】をご覧ください。

 

キーワードの順位を計測する

インデックスが完了したら、数日ほど経つと検索順位がつきます。

検索順位をチェックして、想定した検索意図が正しいか答え合わせをしましょう。

答え合わせは、検索順位チェックツールを使うのが効率的です。

特におすすめのツールは「Googleサーチコンソール」です。複合キーワードの順位も確認できるので、役に立ちますよ。

まなと

投稿後しばらくは検索順位が安定しないため、2〜3ヶ月ほどは様子を見ましょう!

記事のリライトする

検索順位が落ち着いたあと、伸び代がある記事は「リライト」しましょう。

検索順位の1位と10位には、クリック数に約10倍の差があります。

そのためタイトルや検索意図など、改めて読者ニーズを満たす記事への調整が大切です。

まなと

10位以下の記事はほとんどクリックされないので、最低でも10位には入れるようにリライトを行いましょう。

リライトのやり方について、詳しくは【初心者必見】効果的なブログのリライト方法を5ステップで解説!で解説しています。

まとめ:ペルソナを設定して読者に刺さる記事を書こう!

ランナースタート

本記事では、ブログでペルソナを作る方法を解説しました。

ペルソナ設定の手順

ペルソナを設定すれば、より正確に読者のニーズを理解できます。

結果的に読者に読まれやすく、刺さる記事が書けますよ。

商品・サービスの成約にも繋がるので、ぜひこの記事を何度も読みながら実践してみてください。

ブログ記事の詳しい書き方やコツは、こちらで説明しているのでぜひご覧ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次